記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月第1・2週のまとめ&昔話『本当の負けトレード』とは?

こんにちは!ポンタです!

じゃん!

11月前半のまとめです!

と言っても,

第1週はパソコン見てませんので,ノートレード
第2週の前半は米大統領選のため,パソコンを見ず,
その後,1回しかトレードしてませんので,

第1週 + 0pips
第2週 +50pips
11月 計+50pips


今週の後半からようやく11月のトレードを始めることができましたが,
結果はイマイチでした。

オロオロ


どうイマイチかというと,チャンスを逃しすぎだったのです。

大きく2つ,心残りのチャンスがありました。

1つ目は,前回の記事の+50pipsの場面です。
100pipsまであがって,損切を根拠なく大体で50pipsにいれたら押し目で利確され,すぐ再上昇でした。
繰り返し,同じ高さで何度も上げ止まりしたので,2~3回目の100pipsで逃げるというのがベストな選択だったといえます。

2つ目は昨日の欧州市場の時間だったかな?
ユーロ円でミドルラインクロスのトレードチャンスがあったのに,
パソコンを見てなかったのです。バンド底の決済ルールで+約60pipsの流れでした。


今週はたった2回のトレードで+160pips獲れる流れだったのに,
+50pipsしか獲れなかったので,もったいなかったです(´・ω・`)

一息



FXでも
スポーツでも
何においても
「プロ」といわれる人は『精度』が違います。

実力を身に付けたくて
トレードスキルのマニュアル化を企んだポンタですが,
それだけではやはり足りません。
日々の実践の中で練磨された
マニュアル通りに実践できる圧倒的な『精度』が必要だと感じてます。

悩み

もちろん
まずはルールです。
トータルで勝てるルールを見つけなければなりません。
それが一番大変なんですけど(笑)

それを達成できたトレーダーは次のステップとして
精度をあげるために,その都度,自分で考えることが必要です。
・・・・って,これはプロの方の受け売りなんですけどね(^^♪












「自分で考える・・・・・」






そうだ!


今回のまとめは
たったの1トレードであり内容が乏しいので,
ちょっとポンタの昔話!


・・・むかしむかし,つい半年前のことです(笑)

ちょっと一息

パラトレたぬたぬ


ポンタは以前,
FXツール「パラダイムトレーダーFX」のサポートサービスを使って
負けトレードの度に,
「これはなぜ負けてしまったのでしょうか。これは?こっちは?・・・・・」
と事細かに質問していた時期がありました。

オロオロ

親切丁寧なサポートセンターではそんなポンタにも優しくわかりやすく解説をしてくれました。
おかげでパラトレのチャートに限ってですが
トレード結果を見れば,おおよそ勝因・敗因を理解できるようになりました。

やったー!


ところが
ポンタはルールを理解し,自力で事後分析をできるようになっても
いつまでもトレードの度に同じような質問をしていました。

おにぎり

あるときサポートセンターの方が

「ポンタさん。トレードの度にきくのは,ポンタさんにとって良い状態とは言えません。
今のポンタさんなら,落ち着いて自分で考えればちゃんと分かるはずです。
どうしてもわからない時に質問しましょう。」

とおっしゃいました。




ポンタはハッとさせられました。

ビクッ


・・・・という,
情けないというか
お恥ずかしい実話です。(笑)

一息


「いつまでも」質問攻めでは自分にとってよくないのです。
(もちろん!負けの原因がわからないうちは,助言をいただくのは大事です!
わかる人に聞いた方が絶対いい!自分に都合のいい解釈で変な思い込みで納得しちゃうから。)

ルール完成の次の段階ですが
トレード結果が出てから自力で
【終わってからは何とでも言えるタラレバ論】でいいので
ルールに当てはめて根拠を見つけて勝因・敗因を納得できるようになったら
もうくどい質問をする必要はないのです。

だってルール通りにトレードして負けたなら,
「こういうときもあるさ」って納得すればいいだけなのですから。


事後の分析で自力で分かるようになってから
一回ごとに「これはどうですか?」と質問するということは
自信をもって「ルール通りの場面だ!勝てる!」という確信がないのに
ポジポジ病ギャンブルトレードをしたという証拠
なのです。

ひらめき

うまくいかなくたって
ルールが完成しているのであれば
ポンタは自分で考えるべきだったのです。


それは「他力本願はだめ」という説教っぽい意味ではありません。
(誰かを頼って勝てるならそれでも全然OKだと思います!人間助け合いは大事ですから!(笑))
そういう意味ではなくて・・・自分で考えるというのは
「ルール通りの根拠をもったトレードをする」ためにです。
「今の場面はルール通りか」と自分で考え,状況を分析し,
根拠があるときだけエントリーするという習慣をつけるべきということです。

悩み

サポートセンターの方の言葉は
「考えなし」のポジポジ病やギャンブルトレードで
コツコツ働いて貯めた大事なFX資金を溶かすことがないようにするための
大事な教えだなぁと思いました。



それに,自分で考え
ルール通りにトレードして負けたなら
それも一つの勝ちだと思うんです。


「トータルで勝てるルール」を破ることが本当の負けトレードなのです。
※繰り返しですがルールが完成していればです。(笑)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポンタFX

Author:ポンタFX
FXを始めてもうすぐ3年のトレーダーです。
FXプロトレーダーであるイサムさんが開発した「パラダイムトレーダーFX(パラトレ)」を使ったトレード記録を日記にしていきます。
在宅ワークを夢見る方々や,FX商材を選ぶのにお悩みの方々の参考になったら幸いです。よろしくお願いします!
★パラダイムトレーダーFXをお使いの方で,使い方にお悩みの方は是非,ポンタのマニュアル記事をご覧ください♪最近「2017年版のマニュアル」をまとめ直したので,ぜひそちらをどうぞ!記事羅列型の2016年のマニュアルと違って,A4サイズで印刷するのに適したPDFにしてあります。質問があれば遠慮なくどうぞ♪

フリーエリア

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(2年目)へ
   ↑ 【にほんブログ村】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。