記事一覧

先ほどのドル円のエントリー判断のポイント!

先ほどのドル円のエントリー判断のポイントをまとめておきます。
損切にあわずにこのまま明日まで保有できるといいなぁ(´・ω・`)

じゃん!


まず
5分足で「N字抜け」したことと「青バンド底で支えられた」ことは一目瞭然でしたね。
その他に材料となったのが15分足です。
下記画像をご覧ください。

10月24日ドル円買い15分足解説編

上記画像のように,
先週末から青カラーバンドに入ろうとしては弾かれ続けてきました。
しかし,22:45のPMIの発表が落ち着いた頃,
勢いよくバンド内に侵入しています。
これは先週末から硬かった天井を「勢いよくブレイク」したということです。
その少し前にミドルラインで底支えされているのも安心材料ですね。

期待


ちょくちょくバンドにアタックしたり,ゆるりゆるりとバンドに侵入したりしている時の形と
今回のエントリーポイントのように「勢いよくブレイクしている」時の形の違いに目が慣れてくると,
「だまし」にあいにくくなってくるかもしれません。(^^♪

ブレイク手法をお使いのトレーダーの皆様は,
ぜひ,過去のブレイク成功例のチャートを確認するなどして,
上記の形の違いに目を慣らしてみてください(*^▽^*)


【おまけ】
ポンタが今年の春~夏にやってた練習方法なのですが,
パラトレ独特のエントリーポイントを見て「よいか悪いか」判断するのに,
「単語帳形式」にして練習してました。
別にノートでもいいと思うんですが,
ポンタはシャッフルして順不同で答えられるようにするためにカードみたいにしてました。
・チャートなので10㎝×20㎝くらいの大きな単語カードになっちゃったんですけど(笑)
・裏によいか悪いかの答えを書いておきます。
・重要な問題は根拠も裏に書いておく。

100枚以上つくったんですけど,無駄エントリーの多いポンタは
答えが「エントリー可能」の問題よりも
答えが「エントリーしない方がよい」の問題をたくさんつくることにしました。

問題の解き方は,
エントリー根拠を答えて,エントリーするかしないかを答えるというやり方です。

って当たり前のこと書いてますね(笑)

でも繰り返すと頭に成功例と失敗例が焼き付いてくるから
リアルトレード中にびびっ!ってくるようになってきます。
※油断するとあっという間に「自分に都合の良い,勘違いのビビッ!」になってしまいます。(笑)
だから常に根拠を見つけるクセを大事に!


ビクッ

参考までに♪
ではおやすみなさい(^^♪



眠る

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ポンタFX

Author:ポンタFX
FXを始めてもうすぐ3年のトレーダーです。
FXプロトレーダーであるイサムさんが開発した「パラダイムトレーダーFX(パラトレ)」を使ったトレード記録を日記にしていきます。
在宅ワークを夢見る方々や,FX商材を選ぶのにお悩みの方々の参考になったら幸いです。よろしくお願いします!
★パラダイムトレーダーFXをお使いの方で,使い方にお悩みの方は是非,ポンタのマニュアル記事をご覧ください♪最近「2017年版のマニュアル」をまとめ直したので,ぜひそちらをどうぞ!記事羅列型の2016年のマニュアルと違って,A4サイズで印刷するのに適したPDFにしてあります。質問があれば遠慮なくどうぞ♪

フリーエリア

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人(2年目)へ
   ↑ 【にほんブログ村】